株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コインチェック、IOSTの取り扱いを9月8日より開始【フィスコ・アルトコインニュース】  9月01日15時01分

日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは1日、2020年9月8日に暗号資産「アイオーエストークン(IOST)」の取り扱いを開始予定であると発表した。IOSTは現在、国内の暗号資産交換業者において取り扱いがなく、同社が国内初の取り扱いとなる予定だという。

コインチェックは取り扱い暗号資産数の拡充を事業拡大における重要な戦略の1つと位置付け注力している。現在ではビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などの主要通貨の他に、ファクトム(FCT)、リスク(LSK)など17種類の暗号資産を取り扱う。

IOSTは2020年9月8日 12時頃(予定)に取り扱いを開始予定であり、対象サービスは、「コインチェック(ウェブ)およびコインチェックアプリにおける送金・受取・購入・売却」「コインチェック貸仮想通貨(ウェブ)」「コインチェックつみたて(ウェブ)」としている。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »