株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ワークマンは3日続伸、ビープラッツがストップ高  9月02日16時49分

<4381> ビープラッツ 2700 +500
ストップ高。企業内サブスクリプション管理向けのクラウドサービス「サブかん」を開発し、販売を開始すると発表。企業内のデジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革を支援するツール。IT担当者による管理者向け機能に加え、社内オンライン手続きを行うポータルサイト機能、従業員が利用可能なサービスを一元的に管理できるパスポート機能などを持つ。提供開始は10月からの予定。

<3845> アイフリーク 165 +9
3日続伸。ミャンマーの新興通信事業者であるGALAXIAとモバイルコンテンツサービス分野及びシステムインテグレーション分野での戦略的業務提携契約を締結すると発表。ミャンマー国内でモバイルコンテンツサービスを推進するほか、同国での政府及び民間企業向けのインフラ整備案件、システム開発案件の推進などを行う。GALAXIAは政府関連通信や銀行、通信会社等の保守管理・通信インフラ整備などを手掛けている。

<7564> ワークマン 9350 +130
3日続伸。8月の既存店売上高が前年同月比10.9%増になったと発表。7月(21.4%増)から鈍化した。客数は15.5%増(前月20.5%増)、客単価は4.0%減(同0.7%増)。空調ファン付ウエアやサマーカーゴパンツ、コンプレッションウエアなどが好調だった。ただ、前年同月が猛暑の影響で高水準であったため、緩やかな伸び率にとどまった。全店ベースの売上高は16.3%増(同27.9%増)だった。

<3923> ラクス 3170 +274
急伸し年初来高値を更新。9月30日を基準日として1株につき2株の割合での株式分割実施を発表している。投資単位の金額を引き下げ、流動性向上と投資家層の拡大を図るとしている。

<3300> アンビション 722 -14
続落。新株予約権5000個(潜在株式数50万株)を発行すると発表。調達資金の約20億円はM&A及び資本業務提携に関する費用に充当する。潜在株式数が発行済株式総数(6月30日時点で680万4400株)に占める割合は7.35%。当初行使価額は4000円(1日終値は736円)だが、資金調達の必要がある時は修正可能とあって、株式価値の希薄化懸念から売り優勢に。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »