株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は4日ぶり反発、売買低調も反発狙いの押し目買い優勢  9月08日16時46分

 本日のマザーズ市場では、反発狙いの押し目買いが優勢となった。連休明けの米国市場で主要ハイテク株が下げ止まるか見極めたいとの思惑も強く、売買はやや低調だった。しかし、マザーズ指数は前週後半から下げが続いただけに、25日移動平均線の位置する1100pt近辺まで調整が進んだことで押し目買いが入ったようだ。なお、マザーズ指数は4日ぶり反発、2%近い上昇で高値引けした。売買代金は概算で1780.99億円と8月13日以来の低水準。騰落数は、値上がり252銘柄、値下がり64銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>、ラクス<3923>、フリー<4478>など時価総額上位は全般堅調。売買代金トップのイグニス<3689>は小幅高で取引を終え、一部証券会社のカバレッジ開始が観測されたニューラル<4056>やコロナ禍中の業績改善が報じられたBASE<4477>は上げが目立った。また、マザーズでも経済活動再開に期待した物色が見られ、フリークHD<6094>やミクリード<7687>がストップ高を付けた。一方、このところ賑わっていた直近IPO(新規株式公開)銘柄のサンアスタリスク<4053>が急反落。
同じく売買代金上位のインタファクトリ<4057>やITbookHD<1447>、時価総額上位のJMDC<4483>も軟調だった。また、ブティックス<9272>などが下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »