株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイロムGが反発、新型コロナワクチン開発の非臨床試験で抗体の顕著な上昇を確認  9月08日09時27分

 アイロムグループ<2372.T>が反発している。7日の取引終了後、100%子会社IDファーマが開発を進めている新型コロナウイルスワクチンの非臨床試験で、IgG抗体価及びIgA抗体価がともに有意に上昇したことを確認したと発表しており、これが好感されている。

 なお、これを受けて同社では、引き続き非臨床試験段階での評価・検討・検証を慎重に行い、十分なデータを確認した後に臨床試験を開始することを目指すとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイロムGの新型コロナワクチン開発の非臨床試験で血清IgG/IgA抗体の顕著な上昇確認
シュッピン急反発、8月度売上高1.9%増で6カ月ぶりプラス
宝&COは続急落、自己株処分と売り出しによる需給悪化を懸念


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »