株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ソフトバンクGが1銘柄で約26円分押し上げ  9月10日17時42分

10日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり197銘柄、値下がり25銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は反発し、上げ幅は200円を超えた。前日の米株式市場では、昨日の日本株の下落にも繋がった英アストラゼネカのワクチン開発の治験一時停止について、同社が来週にも治験を再開するとのことでセンチメントが改善したほか、前週末から急落が続いていたハイテク株への買い戻しも入り、主要3指数は大幅に反発した。この米株安の一服に加えて、8月工作機械受注や7月機械受注が回復傾向を示唆したことが好感されて機械セクターが総じて堅調だったほか、前日に引き続き投資判断の引き上げが材料視された海運セクターも大幅高となったことで全体に寄与した。買い一巡後は戻り待ちの売りで伸び悩む場面もあったが、大引けにかけて再度上げ幅を拡げる展開となった。急落が続いていたソフトバンクG<9984>が反発したことも指数を押し上げた。

大引けの日経平均は前日比202.93円高の23235.47円となった。東証1部の売買高は11億5119万株、売買代金は2兆1663億円だった。セクター別では、海運業、ガラス・土石、その他金融、ゴム製品、建設業などを筆頭に東証33業種の全セクターが上昇した。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は25%であった。


値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約26円押し上げた。同2位はファナック<6954>となり、リクルートHD<6098>、信越化<4063>、中外製薬<4519>、TDK<6762>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約16円押し下げた。同2位はアドバンテス<6857>となり、ダイキン<6367>、ファーストリテ<9983>、テルモ<4543>、スズキ<7269>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  23235.47(+202.93)

値上がり銘柄数 197(寄与度+244.79)
値下がり銘柄数  25(寄与度-41.86)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     5800         123 +26.49
<6954> ファナック       21155         535 +19.20
<6098> リクルートHD      4146         104 +11.20
<4063> 信越化         13880         290 +10.41
<4519> 中外薬          4709          82 +8.83
<6762> TDK           11760         200 +7.18
<4568> 第一三共         9464         144 +5.17
<9613> NTTデータ        1247          28 +5.03
<6758> ソニー          8216         138 +4.95
<9433> KDDI           2949         22.5 +4.85
<2502> アサヒ          3758         127 +4.56
<6971> 京セラ          6256          59 +4.24
<6479> ミネベアミツミ     2064         103 +3.70
<1925> 大和ハウス       2941         95.5 +3.43
<9766> コナミHD         4480          95 +3.41
<7733> オリンパス       2083          23 +3.30
<8015> 豊通商          3240          90 +3.23
<4911> 資生堂          6167          88 +3.16
<3382> 7&iHD           3350          81 +2.91
<6988> 日東電          6620          80 +2.87

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<8035> 東エレク        25590         -435 -15.61
<6857> アドバンテ       4915         -65 -4.67
<6367> ダイキン        19485         -115 -4.13
<9983> ファーストリテ    66420         -110 -3.95
<4543> テルモ          4295         -26 -3.73
<7269> スズキ          4555         -92 -3.30
<8028> ファミマ         2345         -15 -2.15
<2801> キッコーマン      5750         -30 -1.08
<4503> アステラス薬      1610          -5 -0.90
<2413> エムスリー       6220         -10 -0.86
<4704> トレンド         6390         -10 -0.36
<4901> 富士フイルム      4999          -8 -0.29
<9602> 東宝           4165         -45 -0.16
<5301> 東海カ          1063          -4 -0.14
<3099> ミツコシイセタン    572          -3 -0.11
<7731> ニコン           759          -3 -0.11
<3086> Jフロント         731          -5 -0.09
<7205> 日野自           687          -2 -0.07
<4689> ZHD             634          -3 -0.04
<9432> NTT            2358         -2.5 -0.04



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »