株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フルスピードが大幅反落、第1四半期営業利益26%減  9月14日14時09分

 フルスピード<2159.T>が大幅反落している。11日の取引終了後に発表した第1四半期(5~7月)連結決算が、売上高48億7400万円(前年同期比10.1%減)、営業利益1億7100万円(同26.4%減)、純利益1億100万円(同26.4%減)と大幅営業減益となったことが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う旅行業界などの需要低迷の影響を受け、インターネットマーケティング事業が落ち込んだほか、店舗型広告顧客案件の需要減少でアドテクノロジー事業も減収となった。

 なお、未定としていた21年4月期通期業績予想も発表しており、売上高202億円(前期比4.5%減)、営業利益7億円(同34.8%減)、純利益4億3000万円(同36.1%減)を見込むとした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイネストは3日続伸、SB子会社とAI温度検知ソリューション販売で提携◇
ゲンダイは冴えない、21年3月期業績予想を上方修正も反応限定的
インテMが3日続伸、成果報酬型ディスプレー広告運用サービスにAIスコアリング機能を実装◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »