株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

小僧寿しが後場急伸、20年12月期の営業利益予想を上方修正◇  9月15日14時09分

 小僧寿し<9973.T>が後場急伸している。きょう13時30分に、20年12月期の連結営業損益を従来予想の3600万円の黒字から5900万円の黒字(前期は1億9500万円の赤字)へ上方修正すると発表しており、これを好感する買いが入っている。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で子会社スパイシークリエイトの業績が大きく落ち込む一方、持ち帰り寿し事業の小僧寿し、デリバリー事業のデリズは既存店売上高が好調に推移する。また、JFLAホールディングス<3069.T>とのエリアフランチャイズ契約の契約金、出店時の加盟金などの収益として3200万円超の利益を見込むという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<09月14日の十字足示現銘柄(買いシグナル)>
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
アディッシュの上げ幅拡大、AIが投稿前に再考を促す新サービスの提供開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »