株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 サンバイオ、GA technologies、Mマートなど  9月16日07時32分

銘柄名<コード>15日終値⇒前日比
さくらインターネット<3778> 783 -21
14日にかけて上昇ピッチ早まり利食い優勢に。

日野自動車<7205> 713 -30
14日上げが目立った反動か。

東海東京フィナンシャルHLDG<8616> 272 -10
6月高値水準接近で戻り売り優勢に。

筑波銀行<8338> 208 -5
再編期待再燃で前日は上昇目立ったが。

横河電機<6841> 1759 -42
大和証券では投資判断を格下げ。

アサヒ<2502> 3779 -116
公募株の受渡日迎えて需給悪化顕在化。

フジクラ<5803> 312 -11
再生プラン、人員削減・海外を統廃合などと伝わる。

ソフトバンク<9434> 1278.5 +36.5
売出価格決定で買い戻し優勢にも。

JR東<9020> 6972 -199
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。

アマテイ<5952> 315 +80
引き続き、国交省の瓦固定義務化方針報道を材料視。

エムジーホーム<8891> 718 +100
新規連結化による業績上方修正で前日から急伸。

石井表記<6336> 805 +77
通期大幅増益見通し引き続き買い材料視

パワーファス<5950> 238 +50
国交省の瓦固定義務化方針を引き続き材料視。

大盛工業<1844> 220 -19
今期の2ケタ減益見通しをマイナス視。

グローバルダイニング<7625> 240 -21
8月高値接近場面では利食い売り優勢に。

サンバイオ<4592> 1792 +300
再生細胞医薬品SB623で脳梗塞プログラムなどの後期臨床試験の準備開始。

フィット<1436> 850 +150
第1四半期の営業損益が黒字浮上したことを評価。

バルニバービ<3418> 876 +72
21年7月期の最終損益は黒字浮上の見通し。

GA technologies<3491> 7600 +1000
第3四半期の大幅な増収増益を好感。

システム ディ<3804> 1561 -125
第3四半期は好調ながら短期的な出尽くし感が優勢。

Mマート<4380> 940+150
上期決算を材料視した買いが向かう。

ツクルバ<2978> 916 -44
マネーフォワードと業務提携に向けて基本合意と発表も、今期見通し嫌気が優勢。

トーシンホールディングス<9444> 564 +43
第1四半期の営業利益は前年同期の約3.9倍の2.62億円で着地。

DDS<3782> 285 +14
認証ソリューションが112万ライセンスに到達、テレワーク導入で採用増。

山王<3441> 995 -178
21年7月期予想を嫌気、営業利益見通しは前期比21.8%減の1.40億円に。








<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »