株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・16日>(前引け)=スクロール、エスユーエス、ウインテスト  9月16日11時33分

 スクロール<8005.T>=切り返しに動く。カタログ通販を手掛けるが、巣ごもり消費を追い風に足もとの業績は好調に推移しており、株価は7月中旬以降その居どころを大きく変えた。直近は7日に年初来高値970円をつけたあと調整局面にあったが、時価は25日移動平均線を足場に切り返す展開にある。同社が15日取引終了後に発表した8月の月次売上高は前年同月比22.2%増の67億4400万円と引き続き好調で、これを手掛かりに投資資金が流入している。月次売上高は、5月から4カ月連続で前年実績を大幅に上回る状況が続いており、4カ月間の平均伸び率は22.5%となっている。

 エスユーエス<6554.T>=急伸、リバウンド相場の流れに乗る。IT業界や機械業界向けに開発系技術者の派遣を手掛けており、ここ人材派遣関連株が買い戻しを絡めて急動意する銘柄が相次ぐなか、同社株もその値ごろ感から注目が集まっている。15日取引終了後、20年9月期業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の95億9400万円から89億6000万円(前期比10%増)に減額したものの、経常利益は雇用調整助成金の受給を反映し、従来予想の2億1600万円から3億7000万円(同27%減)に大幅上方修正しており、これを手掛かり材料に買いを呼び込む形となった。

 ウインテスト<6721.T>=カイ気配。同社はイメージセンサーや液晶向け検査装置を手掛けるが、今期業績は急回復が予想されている。同社が15日取引終了後に発表した20年7月期の営業利益は5億3600万円の赤字(前期実績は3億4800万円の赤字)だったが、21年7月期については増収効果から7億7600万円の大幅黒字化を見込んでおり、これがサプライズを与えた。また同日、NHK放送技術研究所から次世代技術の研究開発用装置として、センサアレイ評価装置「WTS-311NX」を受注したことを発表、これも株価を強く刺激する材料となっている。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スクロールは切り返しへ、巣ごもり消費捉え8月売上高も22%の伸び達成
エスユーエスがカイ気配スタート、経常大幅増額で人材関連リバウンド相場の流れに乗る
ウインテストに大量の買い注文、今期営業大幅黒字化とセンサアレイ評価装置受注を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »