株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NITTOKが高い、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始  9月16日13時25分

 NITTOKU<6145.T>が高い。水戸証券は15日、同社株のレーティングを新規「B+」でカバレッジを開始した。目標株価は4000円とした。同社は巻線機で世界シェアトップ。同社の機械で作られたモーターはモバイル機器や自動車、家電などで利用される。スマホの高機能化や電気自動車(EV)向けなどに中長期でモーターの需要は増加するとみており、同社の業績の追い風となる。4~6月期の業績は大幅減益だったが、受注高(単体・機械)は42億円と1~3月期の24億円から復調した。EVや自動運転などに向けた投資は継続したとみている。21年3月期の業績は会社側では非公表だが、同証券では営業利益23億円(前期比7.4%減)と予想。22年3月期の同利益は40億円と急回復を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.21倍
ITbook急反騰、デジタル庁創設の動きとマイナポイント事業注力が追い風に
ピアズは5日続伸、20年9月期の期末配当を30円へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »