株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クロスキャトが反発、みずほ情報総研とクラウド型勤怠管理システムの販売代理店契約を締結  9月16日14時32分

 クロスキャット<2307.T>が反発している。この日午後、みずほ情報総研(東京都千代田区)とクラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」の販売代理店契約を締結したと発表しており、これが好感されている。

 クロスキャトの「CC-BizMate」は、クラウドで打刻・勤怠管理、工数管理の機能を安価に利用できるサービス。また、他システムの「給与計算」や「タスク管理」などと柔軟に連携でき、今回の契約によりみずほ情報総研の給与計算アウトソーシングサービス「FX-Ware 給与計算」とあわせて「CC-BizMate」を提供していくことが可能となったという。これにより、集計した勤怠データを利用して給与計算処理することで、ユーザー企業の業務負担を軽減し、省力化に貢献するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フルスピードが大幅反発、中国越境EC支援サービス「Weコマース」の提供を開始
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にソフトバンク
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »