株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトマックスは大口買いでストップ高人気、7年2カ月ぶり高値圏突入◇  9月17日10時30分

 ソフトマックス<3671.T>の上げ足加速、300円高はストップ高となる1570円まで駆け上がる場面があった。株価は昨年7月の高値1500円を上抜き、2013年7月以来約7年2カ月ぶりの実質青空圏に突入している。Web型電子カルテを主力に医事会計システムや健診システムなど医療情報システム開発分野で実績を伸ばし、電子カルテは中規模病院を中心に需要開拓を進めている。医療機関への業務請負や介護サービスなどを展開するソラスト<6197.T>とは医療ICTの活用に関連したサービスで包括的協業体制にあり、展開力が増している。株価は前日も取引時間中にストップ高に買われる場面があったが、直近は大口の実需買いが入るとともに、個人投資家などを中心とした短期資金の攻勢で株価が一気に押し上げられる形となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Nutsは急落、破産手続きの開始決定で10月3日に上場廃止
トヨタなど自動車株が安い、一時1ドル105円割れへの円高進行を警戒◇
リネットJが大幅続落、東証による信用規制実施を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »