株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

モーニングスター、中間株主優待の暗号資産リップルを増額【フィスコ・アルトコインニュース】  9月17日17時00分

SBIグループの金融情報サービスであるモーニングスター<4765>は16日、暗号資産(仮想通貨)「リップル(XRP)」による中間株主優待を前中間期より拡充して贈呈することを決定したと発表した。

2020年9月末の株主名簿に記載または記録された100株以上を保有する株主を対象に、暗号資産リップル50XRP(約1,298円相当)を贈呈するという。申し込み期間は2020年11月16日~2021年5月31日まで。なお、優待を受け取るには、SBIグループの暗号資産交換業者SBI VCトレードに口座を開設する必要がある。

同社は、これまでも2019 年9月末基準の中間株主優待として30 XRP(約779円相当)、2020年3月末の期末株主優待として50 XRP(約1,298円相当)を贈呈している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »