株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は反落、夕方にかけて安値を下抜け  9月18日17時11分


18日の東京市場でドドル・円は上げ渋り。東京市場の明日からの4連休を前に国内勢が買いを進め、午前中に104円87銭まで値を上げた。ただ、欧州通貨の持ち直しや米10年債利回りの伸び悩みでドルは下押しされ、夕方にかけて104円59銭まで失速した。

・ユーロ・円は124円31銭まで上昇後は124円01銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.1843ドルから1.1869ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円104円50-60銭、ユーロ・円123円80-90銭
・日経平均株価:始値23,321.19円、高値23,398.46円、安値23,290.19円、終値23,360.30円(前日比40.93円高)

【経済指標】
・日・8月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比-0.4%(予想:-0.4%、7月:0.0%)
・英・8月小売売上高(自動車燃料含む):前月比+0.8%(予想:+0.8%、7月:+3.7%←+3.6%)
・ユーロ圏・7月経常収支:+166億ユーロ(6月:+207億ユーロ)

【要人発言】
・トランプ米大統領
「政府は新たに農場主へ130億ドルの救済資金を提供」
・麻生財務相
「黒田日銀総裁とは引き続き連携する」




<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »