株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サプライチェーンの再構築コスト【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】  9月18日10時14分

「米中デカップリングの経済的影響」(※1)では、貿易やテクノロジーの流れが遮断されるという観点から、米中デカップリングによる両国への経済的影響を確認した。9月9日にAmcham Shanghaiが公表した「2020 China Business Report」では、在上海米国企業の75%強が「中国外に生産を移す考えはない」と回答する一方で、約4%が「米国に一部でも生産を移転する」、14%が「米中以外の国に一部を移す」と回答した。現時点で中国外への生産移管という動きは限られているようだが、同じ調査では、今後3~5年の最大の課題について71%が「米中関係」と回答し、「米中貿易緊張」について26.9%が「永久に続く」、22.5%が「3~5年続く」と回答している。米中デカップリングが実現する過程では、サプライチェーンの再構築も不可避と見ておいた方がよいのかもしれない。

ドイツ銀行は、テクノロジー冷戦によるICTセクターのコストを「今後5年間で3.5兆ドル」と試算している。内訳は、(1)中国国内最終需要の減少(4,000億ドル/年)、(2)ローカル化によって余分にかかるコスト(1,000億ドル/年)、(3)中国を製造拠点として使用している最終財メーカーのサプライチェーン再構築に起因するコスト(1兆ドル)、で構成されている。

世界のICTセクターの売上は7,300億ドル/年で、中国はそのうち13%を占める。ICTセクターの再輸出比率は平均45%であり、中国国内の最終需要は4,000億ドル/年となる。企業が様々なデータのローカリゼーションを行い、複数のネットワーキング標準をサポートすればコストが2~3%増加すると見込まれ、金額ベースでは1,000〜1,500億ドル/年に相当する。中国に関連するICTセクターの簿価は5,000億ドルであるが、サプライチェーンを再構築するためのコストを簿価の約1.5~2倍、サプライチェーンの移転に5~8年かかると想定すれば、移行費用は5年間で1兆ドルと考えられる。

日本企業の現地法人による中国本土での当期純利益は2.1兆円であり、仮にROEを10%と想定すれば、その簿価は20兆円規模と想定される。これを中国外に移管、再構築するのであれば、日本企業全体にとってはトータルで40兆円規模のコストが必要ということになろう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:https://web.fisco.jp/platform/selected-news/fisco_scenario/0009330020200916003



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »