株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=40円高と小反発、4連休控え様子見姿勢強まる   9月18日15時51分

18日の東京株式市場で日経平均株価は小幅反発。明日からの4連休を控え様子見ムードが強く、狭いレンジでの取引が続いた。

 大引けの日経平均株価は前日比40円93銭高の2万3360円30銭。東証1部の売買高概算は14億9974万株。売買代金概算は2兆7151億5000万円となった。引けにかけFTSEのリバランス売買が入った。値上がり銘柄数は1600と全体の約74%、値下がり銘柄数は488、変わらずは88銘柄だった。

 17日の米株式市場では、NYダウが前日比130ドル安と5日ぶりに反落。ハイテク株などに売りが流入した。東京市場はこの流れを受けたものの、下値には買いが流入し底堅く推移。一時前日比80円近く上昇する場面があった。ただ、4連休を控えた週末ということもあり積極的な売買は見送られ、1日を通じた日経平均株価の値幅は100円前後だった。東証マザーズ指数は上昇と中小型株はしっかり。

 個別銘柄では任天堂<7974.T>やソニー<6758.T>、トヨタ自動車<7203.T>が高く、キーエンス<6861.T>や東京エレクトロン<8035.T>が値を上げた。JR東海<9022.T>や三菱商事<8058.T>、JAL<9201.T>といったバリュー系の銘柄もしっかり。NTTデータ<9613.T>や富士通<6702.T>、チェンジ<3962.T>といったデジタルトランスフォーメーション(DX)絡みのIT関連銘柄も買われた。ウインテスト<6721.T>やマクアケ<4479.T>、サンバイオ<4592.T>といった中小型株も買い物を集めた 

 半面、ソフトバンクグループ<9984.T>が値を下げ、KDDI<9433.T>、NTTドコモ<9437.T>、NTT<9432.T>といった通信株が売られた。楽天<4755.T>やダイキン工業<6367.T>も軟調。アドバンテスト<6857.T>やキヤノン<7751.T>、メルカリ<4385.T>が下落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にチェンジ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にKDDI
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は20円高とやや上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »