株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

伊藤米久HDは年初来高値更新、量販店向け販売好調で21年3月期営業益予想を上方修正  9月18日09時17分

 伊藤ハム米久ホールディングス<2296.T>が5日続伸し、年初来高値を更新した。同社は17日取引終了後に、21年3月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しを前期比15.8%増の200億円(従来予想は150億円)に上方修正したことが買い手掛かりとなっているようだ。

 新型コロナウイルス感染症の拡大で外食向けの販売が厳しいことから、売上高は同3.8%減の8200億円(従来予想は8300億円)に引き下げた。ただ、内食需要の高まりを背景に、量販店向けの販売が好調なことが利益を押し上げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トレンダーズの上値指向継続、営業投資有価証券売却による収益押し上げに期待
プロルート反発、新型コロナIgG/IgM抗体検出キットの初回仕入れ分を完売
ラクオリア創薬が反発、Nav1.7及びNav1.8ナトリウムチャネル遮断薬の欧州特許査定を取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »