株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DCMが21年2月期業績予想を上方修正  9月18日16時25分

 DCMホールディングス<3050.T>がこの日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、売上高を4381億円から4620億円(前期比5.6%増)へ、営業利益を210億円から301億円(同44.5%増)へ、純利益を130億円から195億円(同41.5%増)へ上方修正した。

 上期は、新型コロナウイルス感染症による巣ごもり需要や在宅勤務の拡大など生活様式の変化に伴い、園芸用品、DIY用品などが売り上げを伸ばしたほか、猛暑の影響で季節商品も好調だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ジーンテクノが千寿製薬との眼科治療領域のバイオ後続品を承認申請
東京株式(大引け)=40円高と小反発、4連休控え様子見姿勢強まる
午後:債券サマリー 先物は小幅続伸、4連休を前に様子見姿勢


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »