株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

(中国)上海総合指数は買い先行もマイナス圏転落、米中対立懸念がくすぶる  9月23日10時48分

23日の上海総合指数は買い先行。前日比0.14%高の3278.836ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.05%安の3272.668ptで推移している。米中対立への懸念がくすぶっていることが引き続き指数の足かせに。一方、前日の米株高を受け、買いが先行した。また、中国景気の持ち直しなども指数を下支えしている。



<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »