株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ウィルGは反落、21年3月期営業利益及び配当予想を上方修正も材料出尽くし感  9月23日09時16分

 ウィルグループ<6089.T>は反落している。18日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、営業利益を25億円から30億円(前期比27.6%減)へ、純利益を12億5000万円から15億5000万円(同34.9%減)へ上方修正したが、株価は直近で上昇基調にあり、目先の材料出尽くし感から利益確定売りが出ているようだ。

 国内、海外における人材派遣の需要は底堅いものの、新規の受注が低調であるため、売上収益は1200億円から1150億円(同5.7%減)へ下方修正した。ただ、新規投資計画や拠点統廃合などの固定費、本社コストなどの見直しを行ったことで、利益は計画を上回る見通し。

 また、業績予想の修正に伴い、17円を予定していた期末一括配当を4円増額し21円にするとあわせて発表した。前期実績に対しては2円の減配になる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ストライクが7連騰、案件成約大型化で20年8月期業績は計画上振れ
マルマエが3日ぶり反発、8月度受注残高は前年同月比7%増
ビーグリーが気配値で水準切り上げる、NSSK-CC全株式を取得で業容拡大期待


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »