株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

旭ダイヤが大幅反落、未定としていた上期業績は8億円の営業赤字  9月23日13時46分

 旭ダイヤモンド工業<6140.T>が大幅反落している。18日の取引終了後、未定としていた第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高145億円(前年同期比21.6%減)、営業損益8億円の赤字(前年同期8500万円の黒字)、最終損益5億円の赤字(同3億3700万円の黒字)と、営業損益段階からの赤字転落を嫌気した売りが出ている。

 日本及び海外の主要得意先の工場稼働停止や生産調整に伴う売り上げの減少が響いたという。なお、通期予想は引き続き未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.37倍
<個人投資家の予想> 09月23日 13時
富士フイルムは後場一段高、アビガンの第3相臨床試験で主要評価項目を達成


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »