株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

森永乳が反発、国内大手証券は目標株価6400円に引き上げ  9月23日13時51分

 森永乳業<2264.T>が反発。SMBC日興証券は18日、同社株の投資評価「1」を継続するとともに目標株価を5800円から6400円に引き上げた。第1四半期(4~6月)時点で海外利益構成比が2割に到達したことに注目。一部、コロナ禍で顧客からの前倒し需要もあるとみられているが、ドイツ子会社であるミライ社の高機能性原料、それに菌体のグローバル需要に底上げされ、同社の事業ポートフォリオの変化の途上にあるとみている。21年3月期の営業利益は前期比2.5%増の260億円と会社計画と同水準の微増益だが、22年3月期は同13.8%増の296億円と2ケタ増益に回帰するとみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JMDCが大幅続伸、国内大手証券が新規「買い」でカバレッジ開始
旭ダイヤが大幅反落、未定としていた上期業績は8億円の営業赤字
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.37倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »