株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:3日ぶり反発、ほぼ十字線で売り買い拮抗  9月25日18時15分

25日の日経平均は3日ぶりに反発した。終値は昨日に続いて5日線下を走る25日線をわずかに下回ったが、25日線は緩やかな上向きをキープした。ローソク足は寄り引けほぼ同値で上下に短いヒゲを伴う十字線に似た形状を描いたほか、RSI(14日ベース)が49.26%と中立圏中央の50%に肉薄し、売り買いの拮抗状態を窺わせた。一目均衡表では基準線が16日を起点に横ばいで推移しており、もみ合い長期化を示唆している。ただ、週足ベースのパラボリックは今週、売りサイン点灯を開始しており、来週以降の売り圧力増大リスクに留意が必要だろう。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »