株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

技研製は3日ぶり反発、NYの運河護岸改修工事にインプラント工法が採用  9月25日14時36分

 技研製作所<6289.T>が3日ぶりに反発している。同社はきょう、自社が製造販売する杭圧入引抜機「サイレントパイラー」によるインプラント工法が、米ニューヨーク市のゴワヌス運河の護岸改修工事に採用されたことを明らかにしており、これが買い手掛かりとなっているようだ。

 この案件は、グループ会社の技研アメリカがエンジニアリング企業として、設計会社や元請業者に提案し、採用に至ったもの。同社は注目度の高い運河での実際の施工を通じて、インプラント工法の優位性をアピールすることで、圧入技術の認知度向上と採用拡大が進むことを期待している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月25日 14時
明和産が3日続落、未定としていた中間配当は無配へ
はてなが11日ぶり反発、サーバー監視サービス「Mackerel」に新機能


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »