株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ピックルスが21年2月期業績予想を上方修正  9月25日16時39分

 ピックルスコーポレーション<2925.T>がこの日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、売上高を430億円から450億円(前期比8.7%増)へ、営業利益を19億500万円から23億円(同22.9%増)へ、純利益を13億3200万円から16億円(同24.0%増)へ上方修正した。

 新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛が続いたことで家庭での食事の機会が増えたことや、健康志向の高まりにより乳酸菌を含む食品としてキムチの需要が増えたこと、更にキムチがテレビ番組で取り上げられたことなどが売上高を押し上げた。また、商品規格の見直しや生産アイテムの集約による生産の効率化を図っていること、当初計画より、広告宣伝費が減少していることなども寄与するという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
来週の主なマーケットイベント
<個人投資家の予想> 09月25日 16時
キャリアLが21年2月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »