株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイトーケミが21年3月期営業利益予想及び配当予想を上方修正  9月25日16時50分

 ダイトーケミックス<4366.T>がこの日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を128億円から127億円(前期比2.3%増)へやや下方修正した一方、営業利益を4億円から8億円(同1.5%減)へ上方修正した。

 化成品事業の電子材料が増加する一方、イメージング材料が減少したことで売上高は計画を下回る見通しだが、収益性が高い品目の売り上げ構成の高まりや、生産経費の削減効果などで営業利益は当初計画に比べて倍増する見通し。なお、純利益は韓国持ち分法適用関連会社で発生した火災に対する受け取り保険金が減少するため、5億円から4億円(同23.7%減)へ下方修正した。

 また、従来2円を予定していた中間配当を5円に増額修正するとあわせて発表した。年間配当は9円(従来予想6円)となり、前期実績に対しては1円の増配になる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ピックルスが21年2月期業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 09月25日 16時
キャリアLが21年2月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »