株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プロパティAは上げ幅を拡大、集合住宅の入室・利用などの鍵貸しを可能とする顔認証技術で特許取得  9月28日13時33分

 プロパティエージェント<3464.T>は後場上げ幅を拡大し年初来高値を更新。この日正午ごろ、集合住宅における全ての入室・利用及び時間制限付の鍵貸しを可能とする顔認証技術に関して特許を取得し、サービス展開すると発表しており、これが好感されている。

 同特許は、子会社DXYZの有する物理的な鍵や暗証番号を一切必要とせずに顔認証を利用することで集合住宅のエントランス、宅配BOX、エレベーター、各住戸の入室・利用を可能とするもの。顔認証を共通プラットフォーム化することで、一度登録した顔情報をもとに、利用者自身が集合住宅以外でも顔情報を再度登録することなくサービスを利用することを可能としたほか、顔認証を活用して占有スペースに所有者がいなくても訪問者が占有スペースに入ることを可能とし、利便性を向上させたという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
西松屋チェが大幅高で8連騰、コロナ禍も業績好調で3年9カ月ぶり高値圏浮上
そーせいは後場急上昇、米ファイザー社が研究開発提携に基づく2番目の新薬候補品の臨床試験開始
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率3.66倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »