株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テクノマセマ後場S高、現場の映像・音声を低遅延・低ビットレートで伝送するモバイルツール発売  9月28日13時38分

 テクノマセマティカル<3787.T>が後場急伸しストップ高の1010円に買われている。前引け後に、独自のコンピュータアルゴリズム「DMNA」を用いて開発した低遅延モバイル・モニタリング・システム「Point-One」の販売を開始したと発表しており、これが好感されている。

 「Point-One」は、最大16台のスマートフォンから実用的なレベルの映像・音声を0.1秒の低遅延かつ低ビットレートで伝送し、マルチビューワパソコンでモニタリングするシステム。伝送路に公衆インターネット回線網を使用し、クラウドサーバ環境が不要なため、安価なシステム構築が可能な点が特徴としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月28日 13時
プロパティAは上げ幅を拡大、集合住宅の入室・利用などの鍵貸しを可能とする顔認証技術で特許取得
西松屋チェが大幅高で8連騰、コロナ禍も業績好調で3年9カ月ぶり高値圏浮上


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »