株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイピーエスが大幅反発、上期業績予想を下方修正もアク抜け感強まる  9月29日11時05分

 アイ・ピー・エス<4390.T>が大幅高で5日ぶりに反発している。28日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高を51億5000万円から34億円(前年同期比7.6%増)へ、営業利益を11億5000万円から5億8000万円(同6.2%増)へ、最終利益を7億5000万円から3億3500万円(同6.0%増)へ下方修正したが、アク抜け感から買いが入っているようだ。

 第2四半期に提供開始を予定していた海底ケーブルシステムC2Cによる国際通信回線について、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う物流や人の移動の制限などの影響を受けて、開通時期が想定以上に遅延。そのためマニラ-香港間は開通し、国際通信回線の提供を開始した一方、マニラ-シンガポール間は調整に時間が掛かり、結果として両区間を一括して提供することが求められている顧客に対する引き渡し時期が遅れていることが要因としている。ただ、同国際通信回線の提供による売上高・利益の計上は第3四半期に行えるとしており、21年3月期通期業績予想は従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
29日中国・上海総合指数=寄り付き3231.8551(+14.3205)
アディッシュが4日ぶり反発、求人広告審査サービスの提供を正式に開始
29日香港・ハンセン指数=寄り付き23584.61(+108.56)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »