株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

旭松食品が急伸、高野豆腐の血糖値スパイク抑制効果に関する論文が「薬理と治療」に掲載  9月29日11時30分

 旭松食品<2911.T>が急伸している。午前11時ごろ、臨床のための総合医療情報誌「薬理と治療」2020年9月号に、同社と愛知みずほ大学大学院及び輝山会記念病院の共同研究である「凍り豆腐の食後高血糖(血糖値スパイク)抑制効果」が掲載されたと発表しておりこれが好感されている。

 食後の急激な血糖値上昇(いわゆる血糖値スパイク)は、糖尿病へ進展するリスクの一つといわれているが、今回の研究により高野豆腐には、食後の血糖値上昇を緩やかにする効果があることを新たに発見したという。旭松食品ではこれまで高野豆腐を食べることにより糖尿病の予防・改善効果があることを報告してきたが、そのメカニズムの一つの解明につながったとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
GAテクノが4日ぶり反発、YouTubeでマンション内見ができるサービス開始
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にNaITO
債券:先物、前場終値は前営業日比5銭高の152円11銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »