株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証10時 安値圏で小動き テレビ討論会の内容見極め  9月30日10時06分

 30日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は安値圏で小動き。前日比60円ほど安い2万3400円台後半で推移している。米大統領選候補のテレビ討論会の内容を見極めたいとの雰囲気が強く、積極的な売買は手控えられている。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で6942億円、売買高は3億3582万株だった。

 T&Dや第一生命、三菱UFJ、三井住友FGなど金融関連株が売られている。NTT、NTTデータも安い。日電硝やダイキンも下落。一方でNTTドコモが買われている。Jフロントや高島屋も高い。ニコンやオリンパスも上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »