株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトバンクGは強弱感対立、ドコモ買収受け親子上場解消テーマに思惑も◇  9月30日10時10分

 ソフトバンクグループ<9984.T>は売り買い交錯、前日終値近辺で強弱感を対立させている。前日はナスダック総合指数が4日ぶりに反落したとはいえ、下げ幅は30ポイント強にとどまるなど小幅であり、ひと頃のような下値リスクに対する過度な警戒感は後退している。同社が米ハイテク株のコールオプションを大量購入していることが、ナスダック市場の波乱安局面でマイナス材料視されたが、前週末を境にナスダック総合指数に連動する形で態勢を立て直している。一方、NTTドコモ<9437.T>の完全子会社化がマーケットの注目を集めるなか、ソフトバンクグループとソフトバンク<9434.T>についても親子上場解消のテーマから改めてマーケットの関心が向かう可能性が指摘されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
NTTドコモはカイ気配スタート、TOB価格にらみ買い人気続く◇
通信大手はドコモ以外軒並み安、NTTは巨額の資金調達を警戒◇
<09月29日のストップ高銘柄>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »