株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトバンクを国内有力証券は「ニュートラル」でレーティング再開 10月01日13時51分

 ソフトバンク<9434.T>のレーティングを三菱UFJモルガン・スタンレー証券は30日、「ニュートラル」で再開した。目標株価は1450円とした。エクイティストーリーは「通信事業での安定した営業利益創出及び“Beyond Carrier”(BC)戦略推進」としている。ただ、PayPayに代表されるBC戦略の業績貢献は期間を要するとみている。また、政府の携帯料金引き下げ政策を通信セクターの懸念事項に挙げている。日本はヤフーモバイルなど低価格プランの選択肢があるうえに通信品質は世界トップ水準との調査もあり、携帯料金が明らかに高いとはみていない。政策へのゼロ回答は難しいとみるが強制力はないと思われることから、同社を含む通信各社の対応に注目している。


出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東証障害で前場の取引中止、午前11時30分現在も復旧見通し立たず
<09月30日の年初来安値更新銘柄> 10月01日
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にソフトバンク


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »