株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

宝&COが軟調、6~8月期営業利益23%増で上期計画超過も戻り売り圧力強い 10月02日09時27分

 TAKARA & COMPANY<7921.T>は軟調。同社は有価証券報告書を中心にディスクロージャー関連書類の印刷を手掛ける。決算開示支援にかかわるコンサル関連などが好調で業績に寄与している。1日に発表した20年6~8月期業績は売上高が前年同期比21.4%増の78億4400万円、営業利益が同23%増の16億3200万円と2ケタ増収増益を達成した。営業利益は上期計画が15億円で既にこれを超過している。ただ、株価2200円近辺は戻り売り圧力が強く、前週末の終値を下回って推移している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
レオパレス21が急騰、米フォートレスの支援受け入れ
エコーTDは大幅高で新値追い、巣ごもり消費を追い風に上期経常を大幅増額修正
メドレックスはしっかり、CPN-101を包含する経皮吸収組成物に関し欧州特許査定を受領


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »