株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ケイアイ不は年初来高値更新、9月度の分譲住宅契約金額41%増 10月02日13時10分

 ケイアイスター不動産<3465.T>が急反発し、年初来高値を更新した。同社はきょう午前9時頃に、9月度の分譲住宅販売動向を公表。契約金額が前年同月比41%増となったほか、契約棟数が同23%増となったことが好感されているようだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景にライフスタイルに変化が起き、庭付き一戸建て住宅の需要が高まっていることが追い風となっている。なお、7~9月の累計では契約金額が前年同期比45%増、契約棟数が同31%増となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
インテMがS高、サードパーティ・クッキーに依存しないサービスを拡充
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にソフトバンク
ライトアップは新値追い、西武信用金庫に「Jシステム」のOEM提供開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »