株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トップカルチが後場下げ幅拡大、9月売上高は3カ月ぶりに前年下回る 10月02日13時48分

 トップカルチャー<7640.T>が後場下げ幅を拡大している。午後1時ごろに発表した9月度の月次売上動向で、全店売上高が前年同月比12.6%減と2ケタ減となり、3カ月ぶりに前年実績を下回ったことが嫌気されている。

 書籍が堅調な推移となり、特撰雑貨・文具も服飾のセールや食品の企画販売が売り上げを押し上げたものの、前年の消費税増税前の駆け込み需要の反動に加えて、フレスポ府中店の閉店の影響が大きかった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ネットワン反発、国内有力証券が目標株価を6700円へ引き上げ
<個人投資家の予想> 10月02日 13時
債券:国債買いオペ、「残存期間10年超25年以下」の応札倍率4.21倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »