株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コインチェック、取引所でイーサリアムクラシックの取り扱いを開始【フィスコ・アルトコインニュース】 10月02日10時18分

日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは28日、2020年10月5日より、取引所において、暗号資産「イーサリアムクラシック(ETC)」の取り扱いを開始すると発表した。

コインチェックでは2020年4月よりアルトコイン取引所の提供を開始し、その第一弾として、ファクトム(FCT)を取り扱っている。

イーサリアムクラシックにおいては、2020年8月初旬より51%攻撃が原因とみられる大規模な再編成(リオーグ)が継続的に発生していることを受け、コインチェックは9月14日、イーサリアムクラシックの購入・売却および、「コインチェックつみたて」での積立を一時停止すると発表していた。

こうした状況のなか、顧客のETCの取引に関するニーズに対応すべく、取引所での取り扱いを行うにいたったと説明している。

アルトコイン取引所では、今後も順次、暗号資産の取り扱いを拡充していく予定だという。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »