株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイロムGが大幅反発、センダイウイルスベクターを用いた抗結核菌ワクチンで特許査定 10月05日11時12分

 アイロムグループ<2372.T>が大幅反発している。午前11時ごろ、100%子会社IDファーマが、基盤技術であるセンダイウイルスベクターを用いた抗結核菌ワクチンについて、日本及び米国で特許査定を受けたと発表しており、これが好感されている。

 センダイウイルスベクターを用いた抗結核菌ワクチンは、中国江蘇瑞科生物技術と共同で全世界を対象にの開発を進めているもので、今回の特許査定で知的財産として確立し、今後の事業化によってIDファーマの収益確保に資することが期待できるという。また、アイロムGは同時に、IDファーマがセンダイウイルスベクターを用いた神経系細胞の作製方法に関して、日本で特許査定を受けたと発表しており、あわせて注目されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
総医研HDが大幅高で2年7カ月ぶり4ケタ大台復帰にらむ、利益高成長に陰りなし
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」「買い予想数上昇」4位にリブワーク
債券:先物、前場終値は前営業日比8銭安の152円08銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »