株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

チェンジ、トーセイ、ツクイHDなど 10月06日15時07分

<8923> トーセイ 1108 +124急騰。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は46.4億円で前年同期比60.0%の大幅減益となった。ただ、上半期の同72.7%減からは減益率が縮小、通期予想は従来の46.8億円から56.6億円に上方修正している。不動産流動化事業における売上総利益率の上振れ、新規大型案件のアセットマネジメント契約受託などが背景に。また、期末配当金計画も13円から16円に引き上げている。


<3048> ビックカメラ 1203 +5もみ合い。20年8月期営業利益は100億円を上回ったもようとの観測報道が伝わっている。新型コロナの影響で都心店が多いビックが振るわなかったため、前期比5割減の水準となっている。ただ、郊外店中心のコジマが下支え、在宅勤務の増加が追い風となってパソコンや周辺機器などが伸び、76億円程度の市場予想は上回ったようだ。


<1434> JESCOHD 487 +27大幅高。20年8月期収益予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の2.5億円から3.0億円に増額、前期は0.9億円の赤字であった。アセアンEPC事業における工事中断や延期の影響で売上高は下振れるものの、国内EPC事業における官公工事など増加により利益率は改善するようだ。第3四半期までの順調な進捗から上振れ期待はあったが、最高益更新という好決算をあらためて評価する流れに。


<3962> チェンジ 9000 +570急伸。子会社のトラストバンクとトヨタファイナンスが、地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みにおける業務提携を締結と発表している。各自治体に対しデジタル地域通貨プラットフォームサービス「チーカ」を提供、トヨタファイナンスの加盟店網やスキームによって、地域通貨導入の活性化と運用管理の効率化を目指すようだ。高値からのスピード調整にも一巡感、リバウンド材料と捉えられている。


<7205> 日野自 751 +44大幅続伸。北米市場向けに水素燃料電池で走行する大型トラックをトヨタ自動車<7203>
と共同開発すると発表していることが材料視されているようだ。世界的な環境保護の流れに対応し、北米でも燃料電池車を投入していく。21年前半に試作車を開発し、24年までに量産化をめざす方針のもよう。相対的な株価の出遅れ感、需給妙味などにも関心が向かう形に。


<6200> インソース 3370 +220大幅続伸。6月の戻り高値水準を更新している。前日に20年9月期の業績修正を発表している。営業利益は従来の7.6億円から7.7億円に引き上げ。売上高は下振れとなるものの、オンライン研修やeラーニング・動画の売上拡大により、収益は上振れとなる形に。上方修正幅は限定的であるものの、第3四半期決算発表時に下方修正された経緯があるため、安心感が強まる格好のようだ。


<2398> ツクイHD 571 -29大幅反落。未公表であった21年3月期の業績見通しを公表している。営業利益は33.3億円で前期比21.4%減益の見通し。市場コンセンサスを10億円程度下振れており、ネガティブ材料と受けとめられている。デイサービス利用者数の前提など保守的ともみられているが、実際に8、9月は回復が足踏み状態にもなっており、従来からコンセンサス水準は切り下がりの方向に。


<6541> グレイス 5540 +490急伸。中堅上場企業における従業員1人当たりの売上高伸び率ランキングが一部で掲載されている。4-6月期の実績を3年前と比べたものであり、同社は2.21倍でトップになっている。働き方の変化に伴って、様々なマニュアルの見直しの依頼が殺到しているもようのほか、近年では需要の増加に伴って1ページ当たりの単価が上昇傾向にあるもよう。高い成長力への見直しの動きがあらためて強まる状況になっている。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »