株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Defiプロジェクト「RenVM」【フィスコ・暗号資産コラム】 10月06日10時58分

2020年5月にローンチされたRenVMは、Ethereum上でrenBTCというBTCのステーブルコインを発行するプロトコルである。BTCのステーブルコインのうち7割超のシェアを占めている、2019年2月にローンチしたwBTCと比べると、renBTCは後発ながらも順調にシェアを拡大しており、第2位の座につけている。

renBTC の価格は、BTC価格とほぼ連動している。wBTCとrenBTCの9月の価格推移を比較すると、wBTCは0.98~1.03BTCで推移する一方、renBTCは0.96~1.04BTCで推移しており、振れ幅に大きな差は認められない。

renBTCは、RenVMにBTCを担保として預けることで生成される。renBTCはスマートコントラクトによって分散型の仕組みで発行される。BitGoが中央集権型のカストディとして機能するwBTCとは対照的であるが、Ethereum上にBTCのステーブルコインを発行するという役割は同じである。

RenVM上で発行されているrenBTCは総額2.4億ドル、供給量は22,226枚である。wBTCとの比較感では、RenBTCは大手CeFi取引所への上場が限られており、また(Uniswapよりは)Curve Financeでの取引が大きいのが特徴である。一日当たりの取引量はRenBTCが約800万ドルに対してwBTCが約5,700万ドルと7倍の開きがある(9月29日時点、CoinGeckoより)。一方、RenBTCの作成にかかる手数料は0.1%であり、wBTCの0.25%よりも安い。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »