株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は4日続伸で1300pt台乗せ、BASE大幅高で上場来高値 10月08日16時57分

本日のマザーズ市場では、日米株の上昇とともに個人投資家のマインドも一段と上向き、堅調な展開となった。直近IPO(新規株式公開)銘柄を中心に利益確定の売りに押される銘柄も少なくなく、マザーズ指数は朝方にマイナスへ転じる場面があったが、EC(電子商取引)などの「ニューエコノミー」関連株には引き続き買いが向かった。なお、マザーズ指数は4日続伸。連日で年初来高値を更新し、2018年2月以来およそ2年8カ月ぶりに1300pt台を回復した。売買代金は概算で3383.39億円となり、9月2日以来の
3000億円台乗せ。騰落数は、値上がり146銘柄、値下がり173銘柄、変わらず9銘柄となった。
個別では、BASE<4477>が売買代金トップで11%を超える上昇。利益確定売りも出てやや荒い値動きだったが、青森銀<8342>との提携を手掛かりに上場来高値を大きく更新した。また、時価総額上位はメルカリ<4385>、フリー<4478>、ラクス<3923>など全般堅調。売買代金上位ではサイバーダイン<7779>やすららネット<3998>、弁護士コム<6027>が大きく買われた。GMOメディア<6180>などストップ高を付ける銘柄も少なくなかった。一方、直近IPO銘柄のrakumo<4060>は売りに押され、アクシス<4012>、タスキ<2987>、Ine<4933>は揃って下落率上位に顔を出した。直近IPO銘柄以外ではギフティ<4449>などが軟調だった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »