株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日続伸で連日の年初来高値、「ニューエコノミー」銘柄の循環物色 10月09日16時39分

本日のマザーズ市場では、日経平均と同様に利益確定売りに押され、マザーズ指数がマイナスへ転じる場面があった。ただ、日経平均が買い手控えムードから小安い水準でもみ合ったのに対し、新興株への個人投資家の資金流入が続いたことでマザーズ指数は再度プラスへ切り返した。BASE<4477>などに利益確定売りが出る一方、「ニューエコノミー」銘柄の循環物色が見られた。なお、マザーズ指数は5日続伸し、連日で年初来高値を更新。2018年2月以来の高値水準となる。売買代金は概算で2993.41億円。騰落数は、値上がり166銘柄、値下がり152銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、オンライン診療を原則解禁とする政府方針が伝わってメドレー<4480>が買われたほか、すららネット<3998>、AIinside<4488>、イオレ<2334>などが上昇。時価総額上位ではフリー<4478>や弁護士コム<6027>がしっかり。また、クラウドセキュリティーサービスのHENNGE<4475>、GMO<9449>傘下で対面決済事業を展開するGMO−FG<4051>はストップ高を付けた。一方、前述のBASEやメルカリ
<4385>、サイバーダイン<7779>は利益確定売り優勢。アーキテクツSJ<6085>やバリューゴルフ<3931>が下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »