株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は6日続伸、朝方は方向感に欠けるもほぼ高値引けとなる展開 10月12日16時10分

 本日のマザーズ指数は6営業日続伸で年初来高値更新となった。朝方は買いが先行して始まったものの、一時マイナスに転じるなど方向感に欠ける格好。前引けにかけて弱含んでいたマザーズ指数だったが、後場に入りメルカリ<4385>など主力銘柄も改めてやや強含む中で、指数もほぼ高値引けとなる展開に。なお、マザーズ指数は6営業日続伸で年初来高値更新、売買代金は概算で2844.61億円。騰落数は、値上がり173銘柄、値下がり144銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、4%安のBASE<4477>がマザーズ売買代金トップにランクイン。サンアスタリスク<4053>、モダリス<4883>、日本情報クリエイト<4054>、ヘッドウォータース<4011>など直近IPO銘柄の一角に資金が向かった。先週から強い値動きを見せていたGMO関連の一角であるGMOフィナンシャルゲート<4051>も一時大幅高。官公庁や自治体向け
「デジタル・ガバメント支援室」新設した弁護士ドットコム<6027>も堅調だった他、
「初診を含めたオンライン診療を原則解禁」との政府方針及び報道を受けてメドレー<
4480>などにも関心が向かった。また、ミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>は後場に入り一時3345円まで上昇し上場来高値を更新。その他、メルカリやAIinside<4488>、ジモティー<7082>などマザーズの主力どころも買われた。一方、GNI<2160>、ITbookHD<1447>、イオレ<2334>、アンジェス<4563>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »