株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に霞ヶ関キャピタル 10月12日12時56分

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の12日正午現在で、霞ヶ関キャピタル<3498.T>が「売り予想数上昇」2位となっている。

 霞ヶ関キャピタルは急反落。同社は不動産投資商品の組成・運用を行っている。前週9日取引終了後に発表した20年8月期決算は、営業利益が前の期比53%減の3億2600万円と大幅に落ち込んだが、21年8月期については新規参入の物流施設の寄与もあって急回復を見込んでおり、営業利益は前期比3.8倍の12億5000万円と大幅な伸びを計画している。ただ、今期の急回復予想については事前に株価への織り込みが進んでいた部分もあった。会社側計画発表が事前コンセンサスを下回ったことで利益確定売りを急ぐ動きが表面化した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
PCNETが後場上げ幅を拡大、第1四半期営業利益は16%増で過去最高
サカタのタネが急反発、巣ごもり需要で第2四半期営業利益を上方修正
シライ電子がS高カイ気配、5Gに対応した透明アンテナ向けフィルム基板を開発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »