株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ウェーブHDが上値指向、割安感際立ち新型コロナ対応ビニールカーテンに思惑 10月13日14時03分

 ウェーブロックホールディングス<7940.T>が商い増勢のなか上値指向、一時29円高の771円まで買われる場面があった。壁紙や防虫網、食品包装など複合素材の加工販売を行っているが、スーパーのレジ向けなどで新型コロナウイルス感染防止(飛沫感染防止)を目的としたビニールカーテンを製造販売している。現在普及しているものは可燃性のシートが主流だが、今後は安全性の観点から不燃性もしくは難燃性の物への代替需要が発現するとみられている。同社は「タフニール防炎透明フィルム」でその需要の掘り起こしを狙う。配当利回りが3.9%と高い一方で、PER7倍台、PBRは0.6倍前後にとどまっており、株価指標面でも割安感が際立つ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大戸屋HDが続落、9月既存店売上高が20カ月連続前年割れ
前沢工業が大幅続落、第1四半期は営業赤字が拡大
<個人投資家の予想> 10月13日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »