株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:続落、大引け前に下げ幅を縮小 10月16日16時20分

16日のマザーズ先物は前日比14.0pt安の1292.0ptとなった。なお、高値は1312.0pt、
安値は1268.0pt、取引高は12209枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が下落したことや、ここ2日大幅上昇して相場をけん引してきた時価総額上位のGMOフィナンシャルゲート<4051>の寄り付き前の気配値が低かったことから続落でのスタートとなった。現物株の寄り付き後は時価総額上位のマネーフォワード<3994>やロコンド<3558>などが売られマザーズ先物は下げ幅を拡大し、後場に入り一時は38.0pt安まで下落する場面があった。しかし、引けにかけて、時価総額上位のフリー<4478>が上昇したことや弁護士ドットコム<6027>、AIinside<4488>などが下げ渋りしたことで、マザーズ先物は下げ幅を縮小して取引を終了した。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »