株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トップカルチが4日ぶり反発、20年10月期業績予想を上方修正 10月16日10時35分

 トップカルチャー<7640.T>が4日ぶりに反発している。15日の取引終了後、20年10月期の連結業績予想について、売上高を287億円から301億円(前期比3.5%減)へ、営業利益を2億2200万円から4億500万円(同2.3倍)へ、純利益を1億5100万円から3億6600万円(同2.7倍)へ上方修正したことが好感されている。

 主力の蔦屋書店事業で、緊急事態宣言に伴う外出自粛要請による巣ごもり需要の高まりに応えるため、コミックや児童書などの書籍販売や、家でも楽しめるホビージャンル、食品ジャンルなどの特撰雑貨・文具の販売を強化・拡大したことが寄与する。また、マスクや除菌グッズなどの衛生用品の販売を強化していることも貢献する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トップカルチが20年10月期業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 10月16日 10時
買取王国は一時ストップ高、第2四半期営業利益は5.7倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »