株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

BBSecが大幅高、新型コロナの感染再拡大懸念でテレワーク関連に物色の矛先◇ 10月19日11時10分

 ブロードバンドセキュリティ<4398.T>が急反発、一時270円強の上昇で3190円まで買われた。欧米で新型コロナウイルス感染者数が再び増加傾向を強めており、日本国内でも、気温の低下とともに新型コロナ感染拡大への警戒感が強まってきた。企業ではテレワークによる業務シフトへの動きが加速するなか、同分野でのサービスを展開する企業に物色の矛先が向いている。同社は前週12日に情報セキュリティー製品の販売を手掛けるフーバーブレイン<3927.T>との業務提携を発表し、企業のテレワーク環境の構築支援に一段と傾注する構えをみせており、時流に乗る銘柄として脚光を浴びている。また、強みとする情報セキュリティー分野では、大日本印刷<7912.T>と人材育成を含め展開力強化を目的に資本・業務提携している。業績も高成長トレンドにあり、21年6月期は営業17%増益を見込む。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比5銭安の152円10銭
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位に買取王国
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »