株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日製鋼が一時7%強高と急伸、国内大手証券は「数少ないEV関連機械株」として評価 10月21日11時22分

 日本製鋼所<5631.T>が急伸。株価は、一時7%強高に買われ年初来高値を更新した。SMBC日興証券は20日、同社株の投資評価「1」を継続するとともに、目標株価を1800円から2800円に引き上げた。長らく低迷してきた電気自動車(EV)セパレータ用フィルムシート装置の受注にようやく回復の兆しが見えてきたことを評価。業績は今期が底と予想しており、「数少ないEV関連機械株」として買いを再強調している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ヘリオスは反発、ユニバーサルドナーセルの臨床株が完成
タスキが急反発、「タスキFunds」で会員登録の受付を開始
債券:先物、前場終値は前営業日比6銭安の152円07銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »