株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY外為:ドル安値圏でもみ合い、ペロシ下院議長は大統領選前の合意に前向き 10月22日01時46分



NY外為市場でドルは追加経済対策を巡る思惑に安値圏でのもみ合いが続いた。ドル・円は104円50銭前後の安値圏でもみ合い。ユーロ・円は123円91銭の安値から124円10銭前後まで戻した。ユーロ・ドルは1.1875−80ドルで高止まりとなった。ポンド・ドルは1.3052ドルから1.3177ドルまで上昇。

民主党のペロシ下院議長はMSNBCとのインタビューで「追加経済対策がまとまる見込みがあると見ている」と、大統領選前の合意に前向きな姿勢を示した。財政策は合意成立するが、「問題はその時期だ」と加えた。

米国株式相場は一時上昇したが再び下落する荒い展開が継続。ダウは60ドル安で推移した。




<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »